2018.2.21

つぶやきの中に…


給食室前で、ドアを開けたり食缶を渡したり、役割分担をしながら賑やかに集っていた年長さん。「ごちそうさまでした!これで最後です!」「あのぅ、これ(台車)もう一回貸して下さい!年少さんたちが使うと思うので…」と、給食さんと丁寧に会話。
その後、「どうやって並べる?」「ん~…、これでいいんじゃない?」と、きっちり台車を置いています。子どもたち同士のコミュニケーションが格段に増え、みんなで考えて、相談して、いい方法を導き出し、納得し…。そんな姿があちこちで見られる3学期です。
DSC00963ka.JPGDSC00961.JPG
「うわぁ!仏さま、見守りすぎ…!」「1,2…、18人もいるよ!大きいののさまもね!」
折り紙でののさま(仏さま)を作った年中さんのクラスからは、ずらりと並んだ仏さまを見てこんな声が聞こえてきました。
「なんだか安心するね~」
ののさまを眺めてこぼれたつぶやきには、いつも一緒、いつも見てもらって嬉しいという心の声が垣間見えました。
P1200243.JPGDSCN6557.JPG

2018.2.21

子どもの絵の見方が変わります!
幼児教育講演会・職員研修会


19日、美術教育の第一人者である岡山大学大学院の大橋先生をお招きして、父母の会主催の幼児教育講演会が行われました。
本年度は、百華幼稚園とたかす円山幼稚園の合同開催。これからの教育の方向性に始まり、描いている時に何を考えているのか、どこを楽しんでいるのか、描くことでその子どもの何が育っているかを見るという視点、子どもの表現にはすべて意味があり、絵で意味を伝えているということを教えていただきました。また、描くタイプを見ると、上手い下手で判断するよりも、伝えたかったことや思いが見えてくることを実践を交えてお話しいただき、会場は笑いの渦に…。たくさんの実例を見ながら、子どもたちが絵に表している思いを紐解いて下さいました。
参加した方は終始メモを取ったりうなずいたりしながら熱心に聞き入り、絵に関する質疑も活発!父母の会副会長さんが、終わりの挨拶でおっしゃった、「これから間違いなく子どもとの向き合い方が変わります」という言葉が印象的です。「楽しかったです」「もっとたくさんの方にも聞いていただきたいですね」と、笑顔のうちに閉会。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!
CIMG9999.JPGCIMG0014.JPGCIMG0010.JPG
CIMG0002.JPGCIMG0006.JPGCIMG0005.JPG



二日間に渡り職員研修会も開催。7クラスでの保育実践を踏まえ、絵を描く過程に表れる子どもの思いや育ち、興味関心を引き出す保育のあり方などについて、学びを深める機会をいただきました。
大橋先生、お忙しい中本当にありがとうございました。
DSC00943.JPGDSC00958kai.JPG
DSC00980.JPGDSC00937.JPG
DSC00996.JPGDSC00994.JPGDSC00998.JPG

2018.2.19

お部屋にあふれる笑顔と工夫


複数のお友だちと一緒にあそびを楽しむ姿がたくさん見られるようになってきた年少さんのお部屋。ムーブメントでも、ちょっと複雑なルールであそべるようになっています。交代したり、くぐったり、人数が増えたり…、動きの激しさや判断のスピードが加われば加わるほど、ひとつひとつのアクションに大笑い!楽しさが身体全部から伝わってきます!DSCN1121kai.JPGDSCN6386kai.JPG
DSCN6400kai.JPGDSCN6406kai.JPG
DSCN1124kai.JPGDSCN6424kai.JPG
DSCN6428kai.JPGDSCN6461kai.JPG
DSCN6450kai.JPGDSCN6416.JPG
年中さんは、あちこちで相談事…。それぞれのクラスで、プレゼント屋さんや映画館を開店する準備を進めています。
「商品開発しよう!」「小さくすると指輪になるね」「絵を描いたから、これ見て作ったらいいんじゃない?」
「お話はどうする?」「ここは音を出したい!」「先生、スタンプカードに使うスタンプ貸して下さい!」「1・2歳児さんを呼んできたよ!」
発想はどんどん広がり、子どもたちの夢が詰まったお店は日々充実している様子。開店後の様子も、随時お知らせします!
DSCN6346kai.JPGDSCN6352.JPG
DSC00064.JPGDSCN6542.JPG
DSCN6514.JPGDSCN6519.JPG

園内各所の様子も、併せてご紹介します!
CIMG0027.JPGCIMG0021kai.JPG
DSCN6371kai.JPGDSC00924kai.JPG
CIMG0009.JPGCIMG0019.JPG
CIMG0003kai.JPGCIMG0001kai.JPG
CIMG0001.JPGDSC00922kai.JPG
DSCN6335kai.JPGDSC00968kai.JPG
CIMG9995.JPGDSCN6311kai.JPG
IMG_0068kai.JPGIMG_0074.JPG
IMG_0056.JPGIMG_0062.JPG

2018.2.16

涅槃会(ねはんえ)のお参りで…


2月15日は、仏教を開かれたお釈迦様がお亡くなりになられた日。お釈迦様が亡くなられたことを涅槃といい、そのことをご縁に仏さまのお話を聞かせていただくお集まりが涅槃会です。
緊張の中にも堂々とした様子が見られた献花献灯献供やお当番のお友だち。2歳児さんも参加し、静かに動きを見つめます。「これまでたくさん仏さまのお話を聞いてきたことをたよりに、正しい生き方をしようとすること。早寝早起きをして、しっかりとご飯を食べる、正しい生活をすることが大切です」園長先生のご法話はみんな真剣に聞き入っていました。
仏参後、退場していく子どもたち。恩徳讃がBGMで流れるとどこからともなくさりげない歌声が聞こえ始め、ホールの出口では親鸞様の額にそっと挨拶するお友だちも…。“いつも見守って下さる”、そこから生まれる温かさや安心感、周囲への気遣いが、子どもたちの心に広がっています。
CIMG0024.JPGCIMG0029.JPG
CIMG0031.JPGCIMG0034.JPG

2018.2.16

どうやって数える…?


年中さんのお部屋に、困っているトランプマンの姿が…。どうやら、プレゼントでもらったネックレスの飾りの数が数えられない様子。さあ、お友だちの出番です!
「ここから数えたらいいよ」「どうして?」「ここから始めたらわからなくならないもん!」「順番にいかないとダメだよ!」「となり!となりを数えるの!」
トランプマンのために!飾りの色がバラバラでも、同じでも…、子どもたちは意見を出し合い、同じところを何度も数えないよう、起点を決めて数える意味を見出したのでした。
DSC00068kai.JPGDSC00074kai.JPG
DSC00077.JPGDSC00079.JPG

2018.2.9

ひゃっぴ~チューブ滑り!


「元気だった?」「ずいぶん大きくなったね!」と、久々の再会を喜びつつ始まったひゃっぴ~。コーナーあそびをしてから、春光台公園へチューブ滑りに出かけました。
1人で滑ったり、お母さんが送り出したり、「先生と一緒に滑りたい!」と一緒に滑ってくれたり。少し見ない間に一回りも二回りも大きくなったお友だちと、雪まみれで笑いあったひとときです。
IMG_0681.JPGIMG_0684.JPG
IMG_0690.JPGIMG_0707.JPG
IMG_0689.JPGIMG_0706.JPG
IMG_0683.JPGIMG_0701.JPG

2018.2.9

音楽会の前と後と…



4日に、たかすメロディホールで行われたハッピーチルドレンコンサート。今年は、「思いやり」というテーマで開催されました。
子どもたちは、毎日いろんなことをしてあそび、あそぶことでたくさんの力が育っています。手あそびは集中力や指先の器用さに、仏参は心の育ちのベースに、ムーブメントで判断力、コミュニケーション力、聞く力に、プロジェクトのあそびで好奇心、思考力、粘り強く取り組む力に、集団あそびでお友だちとのきずなに…。ひとつひとつのあそびで育っている力は、たくさんあって紹介しきれません。そして、そんな個々の力が合わさって、クラスの育ちがあります。
音楽会は、そんな、見えない力の集大成。小さなあそびの数々は、すべてつながってひとつになります。
満足するまでひとつのことに没頭する1・2歳さん。自分のことができるようになり、周りのことに目が向いて、お友だちと一緒にあそぶ楽しさに気付き始めた年少さん。お互いの思いを考えられるようになり、「みんなで」ひとつのものを作り上げる楽しさを知った年中さん。一人ひとりが自分の思いや力を発揮することがクラスの力になり、みんなのことを考えることで感じるより大きな充実感・達成感を喜ぶ年長さん。家族や友だち、先生、多くの方々の思いと共にあり、一緒に作り上げる音楽会。その、前後の表情をお届けします。

DSC02699.JPGDSC09595.JPG
DSC09613.JPGDSC02666kai.JPG
DSC02754kai.JPGDSC02758.JPG
DSC02747kai.JPGDSC02823kai.JPG
DSC02830kai.JPGDSC09852kai.JPG
DSC09810.JPGDSC09935kai.JPG
DSC09858kai.JPGDSC09892kai.JPG
DSCN0911kai.JPGDSCN0836kai.JPG
「大きく、小さく…」、2歳児さんは、普段の経験がそのまま合奏に。
「音楽会でどの楽器をするの?」とのお母さんの問いかけに「?」だったのは年少さん。どの楽器にも触れていて、たくさんあそんでいるからこそのエピソード。
「今日はどの楽器が当たるかな~?」と、ワクワクしながら“?BOX”に手を入れる年中さん。くじ引きも楽しい、どの楽器も演奏できて楽しい、“楽しい”あふれるひとコマです。
歌って、走って、跳んで、汗だくであそぶ年長さん。全部楽器あそびです。みんなの音、リズム、吐息…、様々なことを感じながら、弾いている時は真剣そのもの。


P1200239.JPGP1200206.JPG
IMG_1924kai.JPGDSCN6311kai.JPG
IMG_1930kai.JPGDSCN6363.JPG
DSCN6463.JPGDSCN6334kai.JPG
音楽会が終わった園内では、音楽会で他のクラスや小学生、お母さん方が歌っていた歌を口ずさんでいるお友だちがいたり、「先生、音楽かけて~!」と、オープニングのベルを真似るお友だちがいたり。メロディオンを持てば自然に曲を弾き始め、まだまだ余韻に浸りながら、“ひとつ大きくなったらこれができる”“年長さんはかっこいい”と、先を見ている目に頼もしさを感じるこの頃です。

2018.2.9

2月といえば…!


2月といえば、すぐに思い浮かぶのが豆まき!本園での節分は、“自分の心と向き合い、弱い心を追い出すこと”がコンセプトです。
1・2歳児さんのお部屋には鬼が登場。雰囲気満載で、手作り豆で豆まき。年少さんのお部屋では、鬼のお面作りから金棒作り・豆作りへと発展し、豆まきへ。数日間園内を練り歩き、互いのクラスを行き来してあそんでいた鬼たちは、ぶつけたり一生懸命拾ったりと大張り切りの大興奮でお互いを追い出し合いました。年中さんはサーキットあそび。鬼のお面を付けて、難関に挑戦です。年長さんは、鬼に扮してドッヂボール!それぞれ自分の内面を考えながらあそんだ節分の一日です。
P1200089.JPGP1200120.JPG
P1200135kai.JPGP1200109kai.JPG
IMG_0431kai.JPGIMG_0462kai.JPG
DSC00046kai.JPGDSC00055kai.JPG
DSC00028.JPGIMG_1940kai.JPG
IMG_1935kai.JPGIMG_1933kai.JPG

milk_btn_pagetop.png

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|7|

milk_btn_next.png