まことの保育(真宗保育)

DSC02250.JPG
浄土真宗の宗祖・親鸞聖人のみ教えを基に、仏の子として平等ないのちをいただく保育者と子どもが、仏さまの光に照らされ、共に学び合い、育ち合う保育に努めています。

ムーブメント教育~想像から創造へ~

DSC01030.JPG
幼児の特徴である、具体的な体験から学ぶことを重視しています。
精神的・身体的にバランスのとれた成長を促すため、音楽の力を借りて、楽しくあそびに熱中する中で子どもが持っている様々な能力を引き出します。

環境保育(ピラミッドメソッド教育法)

IMG_0001.JPG
幼児期は主体的に“やってみたい”“知りたい”“面白い”と心が動くことで、自然にあそびと学びがつながっていきます。そのため、子どもたちの環境を大切にしています。心地よく過ごせる場所を作り、自然物を使ったディスプレイやあそびに集中できる環境づくりに配慮しています。保育室を様々なコーナーに分け、子どもたちが自分であそびを選び、自分のペースであそびます。

プロジェクト(ピラミッドメソッド教育法)

子どもにとって身近な「もの」や「事柄」をテーマにすることで、「分かるって面白い」「できるって楽しい」「これってどうなってるの?」という、あそび=学びにつながる心の動きを経験します。このテーマをきっかけに自分の世界を広げ、深めていきます。

IMG_0763.JPG

CIMG4032.JPG

園文庫

「園と家庭を結びたい、また、絵本を通して親と子が結びついてほしい」という願いをこめ、園文庫を始めて40年。今では2000冊を超える絵本があります。言葉の獲得には家庭が大きな役割を持っています。毎週金曜日、子どもたちが好きな絵本を1冊ずつ選び、借りて帰ります。

自然体験

山や川で自然を相手にした経験から得たものは大きな財産になります。山や野原での冒険やうっそうとした草木におおわれた川原探検は、子どもたちの表現や表情を豊かにしてくれます。

DSC01232.JPG

IMG_1477.JPG

園農園

種まき、草取り、収穫。土に思いきり触れ合う経験はとても貴重です。実際に見て、触れて、嗅いで、作って、味わって、食べ物ができる過程を全て経験することで、感謝の心を育み、いのちのつながりを考えるきっかけになります。

ランニング

四季の移り変わりに触れ、様々な発見をしながら仲間と一緒に楽しく体が鍛えられます。息切れする子、足の弱い子、骨折や怪我をしやすい子が多く育っている現代です。たくましい子、ルールを守れる子を育てるために取り入れています。
DSC02480.JPG